松田龍平と太田莉菜離婚の原因は?姑の完璧過ぎる家事にプレッシャー?

俳優の松田龍平さん(33歳)と妻のモデルで女優の太田莉菜さん(29歳)が離婚することがわかりました。

 
離婚の原因は、莉菜さんの浮気と報じられていますが、その他の理由として嫁姑の確執という報道もあります。
本当のところはどうなのでしょうか?調べてみました。

太田莉菜プロフィール

  • 愛称 りなc
  • 生年月日 1988年1月11日
  • 現年齢 29歳
  • 2001年、雑誌『ニコラ』の第4回読者モデルオーディションでグランプリを獲得
  • 父親が日本人で母親がロシア人のハーフ。幼少期に2年間モスクワで過ごす。
  • 喋れる言語は日本語、ロシア語、英語(現在も母親との会話はロシア語)
  • 2009年1月に松田龍平と結婚し、同年7月に第1子となる長女を出産

最近出演のドラマ・映画

  • ラブラブエイリアン(2016年7月14日 – 9月29日、フジテレビ) – 篠原さつき 役
  • 世にも奇妙な物語 ’16秋の特別編「車中の出来事」(2016年10月8日、フジテレビ) – 売り子役
  • テラフォーマーズ(2016年) – 連城マリア 役
  • 君と100回目の恋(2017年) – 小原遥 役

姑が完璧すぎて

松田龍平さんのお母さんは、名優松田優作(享年40)さんの妻である松田美由紀さん(55歳)ですが、今は女優業のほかにカメラマンとしても活躍中です。

もともとは、莉奈さんが結婚前に出した写真集は美由紀さんがカメラマンを努めたということで、莉奈さんと美由紀さんは仲が良かったそうなんです。
莉奈さんの妊娠が分かったときもとても喜んでいて、実際産まれてからも、孫をとても可愛がっていたそうです。

うまくいっていたように見えた松田家ですが、莉奈さんも子どもが大きくなり、仕事も増えてきて面白くなってくると、家事をする暇がなくなってきたのに対して、芸能界の第一線で活動しながら、家事や孫の世話まで一手に引受け、完璧にこなしている姑に頭が上がらず、肩身の狭い思いしていたのでしょう。

嫁姑問題は、本当に難しいですね(汗)

美由紀さんにしてみれば、良かれと思ってやってきたことが裏目にでてしまったんですね。

嫁の立場としては、あまりにも出来すぎるお姑さんでは、プレッシャーが半端ないのはよくわかります。

不倫の噂も

一昨年の秋のことだ。龍平が長期のロケで家を空けていたとき、妻の莉菜は、幼い愛娘(7才)を残して、自宅から姿を消した。その間、娘の世話を引き受けていたのは、龍平の母・松田美由紀(55才)だった。1年半ほど前からは、美由紀がずっと面倒をみていたという。
莉菜は長女の出産から半年後、実力派俳優が多く所属する事務所に移籍し、芸能活動を復帰させた。
それとともに業界内の付き合いが増え、深夜のパーティーなどに顔を出すことも多くなっていたという。そんななか、衝撃的な事実が発覚する。莉菜を知る関係者が続ける。
「莉菜ちゃんは仕事で知り合った若手の俳優さんと“特別な仲”になっていたんです。しばらく家を空けたのも、その彼の元に行っていたからなんです」
http://www.news-postseven.com/

相手の若手俳優の名前は明らかになってはいませんが、子育てや嫁姑問題をかかえながらも、華やかな芸能界という世界で働いている内に、現実から逃れたいというような意識が不倫というかたちになって現れてしまったのかなという気がします。

感想

現在、出演のドラマ「#カルテット」が好評のなか、私生活では残念な結果になってしまいましたが、「松田優作」という素晴らしいDNAを受け継いだことを誇りに思って、今後良い作品に出会ってもっともっと活躍してほしいですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す